センター試験時の一時保育支援

本支援は、2019年度科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」の採択をうけ、その一環としてライフイベント及び研究等両立のための研究環境整備のために行っています。
センター試験業務により本学の教職員が休日出勤を行う場合の保育負担を軽減し、教職員が能力を発揮しやすい環境を整備することを目的とし、センター試験日に学内に一時保育所を開設し、無料で託児を行います。

利用対象

センター試験当日業務に携わる本学の教員・職員が養育する未就学児(生後6か月以上)

保育時間

7時00分~19時00分のうち希望する時間

募集について

募集は11月ころ開始いたします。

募集の開始は、女性研究者支援室のWebサイト、メールマガジン、部局通知等でご案内しています。
※募集時期や通知方法は、変更することがございます。最新の情報は女性研究者支援室のホームページでご確認ください。