活動報告

WinGS Career talk「Science and suitcases: a personal view of a 4-continent scientific career」を開催しました。

Table of Content

女性研究者支援室で行っているSG-FResHUにより、工学研究院・応用化学部門 助教 堀千明さんが招聘したJennifer Mortimer博士による講演が、11月6日工学部材料化学棟・講義室にて開催されました。
 

Jennifer Mortimer博士はアメリカ・エネルギー省管轄の総合バイオエネルギー研究所(JBEI)にて植物システム生物学のグループリーダー、またJBEIの原材料部門で副所長、さらにはNational Berkley Laboratoryでスタッフサイエンティストを務めており、工学部・理学部・農学部から学生・教員合わせて、40名程の参加がありました。
 

キャリア形成講演では「Science and suitcases: a personal view of a 4-continent scientific career」と題して、世界を舞台にキャリアを積み上げてきた経験を基に、学生や若手研究者が仕事を進める上の秘訣を教えて頂きました。
またサイエンス講演「Plant sphingolipid glycosylation, and its role in plant-microbe interactions and cell wall biosynthesis」では、植物生理学・植物バイオマス利用についての先端研究を教えて頂きました。研究者や学生からの評判も良く、質問が飛び交いました。
 

また堀先生によりますと、本支援事業によって、現在共同で執筆中の論文について直接議論が進み、共同研究および関係性を大きく発展させることが出来ただけでなく、講演会や懇親会を開催して北大の若手研究者や外国人研究者との交流を活発に行う事ができ、研究や教育、ネットワーク形成の波及効果が得られたという事です。