活動報告

【開催報告】全学教育科目(2017.6.13)

Table of Content

全学教育科目「科学者という仕事とキャリア開発~女性研究者のキャリアヒストリーに学ぶ~ 」第9回目は、「中間まとめ、ディスカッション」ということで、これまでの講義の内容を振り返り、ディスカッションを行いました。
お題は、
1.「できること」「やりたいこと」「求められること」3つの要素
2.「描くと委ねる」2つの側面
3.「期待する」「機会を与える」「鍛える」人材育成の3K
4.偶発を味方にする5つのヒント
について、4人の研究者の具体的な話を聞いて理解したことや気づいたこと、今後の行動に生かそうと思ったことや、さらに生まれた疑問に思ったことをまとめる、というものでした。
「最初は(理論を聞いただけでは)ピンとこなかったけれど、研究者の話を聞いて、納得できた」と、キャリア開発の枠組みと実例の両方を学生に示すことの効果は、狙い通り得られたようです。一方、予想外の意見も出たりと「他人の意見を取り入れることで視野を広げ理解を深める」ことにもつながったと思います。