お知らせ

2015年度理系応援キャラバン隊 募集

Table of Content

北海道大学では平成18年より女子中高生の理系進路選択事業の一環として「理系応援キャラバン隊」活動を行っています。理系の女子学生がもう少し増えて欲しいという思いから、学生数十名が高校等に赴いて分かりやすく工夫が凝らされた科学体験ブースを出展し、女子中高生に(共学校ではもちろん男子にも)自由に体験してもらうイベントです。
過去のキャラバン隊活動
今年度は2箇所で開催予定のイベントにキャラバン隊としてご協力・ご参加いただける教員・研究員・大学院生・学部生を募集します。
下記の募集内容をご覧いただき、ご希望の方、ご興味のある方はぜひ支援室までごご連絡ください。
特に藤女子中学高等学校ご出身の方にはぜひご参加をお願い致します。

理系応援キャラバン隊 募集内容

事業名

女子中高生理系進路選択支援事業

目的

本学理系部局における研究実験を紹介・体験できる出前実験イベントを通して、女子中高生をはじめとした児童生徒の理系分野への興味・意欲を育てる。 同時に、理系分野では性別問わず研究者がいきいきと活躍できることを伝え、「理系は男子、女子は文系」という社会通念の刷新を図る。

イベント開催予定

  1. 10月14日(水) 藤女子中学・高等学校 :学校開催(一部市民参加あり)
  2. 12月19日(土) 北海道大学学術交流会館:一般市民参加型公開イベント

キャラバン隊スタッフの活動内容・参加条件など

  • 体育館などの広い会場に、長机等でブースを設営し、参加者が体験できる、分かりやすく工夫された実験・観察などを用意し、研究紹介を行う。もしくはプロジェクター等を用いて研究を分かりやすく紹介する。
  • 上記イベントのうち一つ以上参加する。(もちろん複数あるいは全部への参加歓迎)
  • ブース責任者は北大教員とする。(教員はイベント当日には参加しなくてもよい。)
  • 各ブース・スタッフに1名以上の女性が参加することが望ましいが、男性のみで構成しても良い。
  • 学生・院生・PDスタッフは短時間勤務技術補助員として雇用、給与が支給される。イベント時間中に講義がある学生は雇用できない。
  • ブース出展に必要な消耗品等(実験器具・試薬を含む)は支援室が負担する。顕微鏡や小型遠心器、恒温水槽など、支援室所有の機器も使用できますので、ご相談ください。

お問合せ先

freshu@synfoster.hokudai.ac.jp