Uncategorized

【トピックス】 FResHU、新展開へ! ~女性研究者がもっと、ずっと輝くために~

Table of Content

平成18年度に始まった文部科学省科学技術振興調整費(女性研究者支援モデル育成)事業への採択を契機に開設された北海道大学女性研究者支援室FResHU。3年間の事業期間を終えて、平成21年度からはまた新たな展開をしていきます。

北海道大学では新年度より、学部学生・大学院生・ポスドクから教員まで、科学技術・学術分野に係る多様な人材を総合的に育成するために新しい全学組織「人材育成本部」を立ち上げました。女性研究者支援室もこの組織の一員として、これまでの支援活動を通して得られたノウハウや女性の視点を、女性に限らず若手人材育成に活かしていきたいと思います。多様なキャリアパス促進事業やリーダー育成事業、GCOEなど、様々な人材育成プログラムとの連携もこれまで以上に深めながら活動します。

もちろん、女性研究者への支援活動はこれまで以上に推進していきます。私達の掲げたTriple Twenties計画(“20% by 2020”:北大全研究者の中の女性比率を2020年までに20%に)は始まったばかり。振興調整費事業期間は、言わば「お試し期間」。試運転期間中にあれこれやってみた経験を活かし、大事なことを自主的かつ継続的に行っていく、ここからが真の支援活動の始まり、正念場です。本当に必要な支援を必要な人・時に、そして女性研究者達にもっと、ずっと輝いてもらえるように頑張りたいと思います。応援してください!