活動報告

【女性研究者による研究会等開催】「多頭飼育問題について考える」を開催しました

ダイバーシティ研究環境推進室では、「女性研究者による研究会等開催支援」 (2021年度の募集はこちら)として、全学的なダイバーシティ研究環境の推進とともに、研究リーダーや大学マネジメントを担う女性研究者の増加を目指しており、学内で開催される研究会等の取組に対する支援を行っております。
 
この支援により、2021年7月17日(土)、本学獣医学研究院 石塚真由美先生によるWebex event(ハイブリッド形式)が開催されました。
 
研究会等の名称:「多頭飼育問題について考える」
来場者数:132名(オンライン122名、対面10名)
 
以下、レポートをご紹介させていただきます。
 

++++++++++++++++++++++++++
 
今回のシンポジウム参加者は、自治体行政関係者、民間NGO、保健関係者、法学関係者、動物病院獣医師、大学教員、学生と、多様な職域、分野から参加があった。
 
特に今回、法獣医学研究分野に新たに福祉問題を取り上げた企画となっており、今回のシンポジウムの実施によって、課題解決に理系・文系の融合した取り組みが必要であることが関係者に改めて認識された。
 
法獣医学は日本ではまだ普及していない新しい分野であるが、学際的な学問分野として多様な人材を巻き込んだ研究を推進する環境を整えることができた。