活動報告

【部局取組支援】水産科学研究院FD・SDセミナーを開催しました(5/26)

2021年5月26日、水産科学研究主催「北海道大学FD・SDセミナー」がオンラインで開催されました。
本セミナーは、「ダイバーシティ研究環境推進に向けた部局等による取組支援プログラム」による、水産科学研究院に対する支援により実施されました。
以下、レポートをご紹介させていただきます。
 

++++++++++++++++++++++++++

Zoomを用いたFD・SD研修において、主催である水産科学院だけではなく保健科学研究院、獣医学研究院など他部局からの参加者を含む約60名の参加があり、ダイバーシティマネージメントへの関心の高さがうかがえた。
 
長堀紀子特任教授の講演「数字でひも解く北海道大学のダイバーシティ」では、北大における現状が紹介された。
参加者からは女性研究者の育児休業などによる業績へのハンディキャップがどう評価されるのか、また、外国人研究者や留学生への事務連絡も日本語のものが多く、部局や研究室内で対応せざるを得ない状況について、どのように取り組んでいくのか、といった声が寄せられた。
 

島谷美奈子氏による講演「ダイバーシティ時代に向けた学生教育」では、採用活動における人権の配慮について、企業のダイバーシティ経営についてなどがテーマとして挙げられた。
参加者からは、性的マイノリティの学生のキャリアパスについての質問があり、その学生への配慮の話題にも繋がった。

【セミナー開催時Zoom画面(抜粋)】左下:株式会社Waris 島谷美奈子氏(外部講師)


 

【セミナー参加者写真】


ダイバーシティ研究環境推進室では、ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)「ダイバーシティ研究環境推進に向けた部局等による取組支援プログラム」として、北海道大学の各部局が企画・主催するダイバーシティ推進に関する研修やセミナーの開催費用を支援しています。
詳細は以下のページをご覧ください。
2021年度ダイバーシティ研究環境推進に向けた部局等による取組支援プログラムの募集について