お知らせ

【トピックス】 塩満典子さんに日本女性科学者の会功労賞!

Table of Content

日本女性科学者の会は、女性の能力発揮や活躍の機会を増やす機運作りに大きな影響を与えたとして、文部科学省大臣官房付きの塩満典子さんに2007年度の「功労賞」を贈りました。

塩満典子先生は東大理学部をご卒業になられた理系女性官僚です。内閣府男女共同参画局ご在任中から科学技分野における女性の活躍促進のために大変精力的に尽力くださり、第3期科学技術基本計画の中に女性研究者採用の数値目標が明記されたこと、科学技術振興調整費新規事業として女性研究者支援モデル育成がスタートするなどの大きな成果を導いてくださいました。今日の女性研究者支援の流れの原動力である塩満先生の「功労賞」受賞は当然ではありますが、塩満先生に励ましていただいた多くの女性研究者たちが先生の受賞を喜び、拍手を送っていることでしょう。

もちろん北大女性研究者支援室からも「おめでとうございます!」と大きな声で申し上げます。塩満先生は、2005年9月に北大水産科学研究院を中核拠点とする21世紀COEプログラム「海洋生命統御による食糧生産の革新」第1回若手・女性研究者支援ワークショップにおいて基調講演をしてくださり、北大が科学技術振興調整費(女性研究者支援モデル育成)に手を挙げるきっかけを作ってくださいました。塩満先生ご自身が北海道札幌南高等学校のご出身でもあるため、北海道や北大をいつも気にかけてくださり、応援してくださっています。

これからも塩満先生の変わらぬご活躍を期待しています。
塩満先生、おめでとう!!