FResHU-info Log

[Ree-D-info]Vol.4 ダイバーシティ推進室より各種支援事業のお知らせ/コロナ対応

Table of Content

こんにちは、ダイバーシティ研究環境推進室です。
 

4月20日に北海道大学の行動指針がレベル3に引き上げられてから、早くも3週間が経過しようとしています。外出自粛が求められる中、オンライン授業や在宅勤務への対応などに追われる日々かと思いますが、みなさまお変わりございませんでしょうか。
 

在宅勤務について、ダイバーシティや女性研究者の視点からのご意見や要望等ございましたら、ダイバーシティ研究環境推進室までメールにてお寄せください。今後の取組の参考にさせていただきたいと思います。
★E-mail: reed@synfoster.hokudai.ac.jp
 

また北海道大学各部局COVID-19対応まとめサイトをつくりましたので、よろしければこちらも参考にご覧ください。
https://sites.google.com/elms.hokudai.ac.jp/covid-matome
 

++++++++++
 

さて、本日のお知らせです。
本学は、2019年度に文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」に採択され、全学的なダイバーシティ研究環境の推進とともに、研究リーダーや大学マネジメントを担う女性研究者の増加を目指しています。
その一環として、様々な支援事業を行っています。
 

この度、下記の支援事業が募集開始となりましたので、ご案内いたします。ぜひご活用ください。
 
1.ダイバーシティ研究環境推進に向けた部局等による取組支援プログラムについて
2.上位職を目指す女性研究者のためのメンタリング・シャドウイング研修支援事業について
3.女性研究者による研究会等開催支援について
4.復帰支援プログラム:投稿論文の英文校閲費助成について(再掲)
5.女性研究者研究リーダー育成共同研究助成(KNIT共同研究助成)について(再掲)

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 1.ダイバーシティ研究環境推進に向けた部局等による取組支援プログラムについて
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

学内で開催されるダイバーシティ研究環境推進や男女共同参画推進に寄与するセミナー等の取組に対する支援を行います。

取組種別:研修会、セミナー、シンポジウム、ワークショップ
実施主体:部局、学科、課室等、または研究会などのグループ
申請期限:2021年1月15日(金)

詳しく知りたい方は、下記ページにあります募集要項をご覧ください。
https://reed.synfoster.hokudai.ac.jp/archives/12267/
 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 2.上位職を目指す女性研究者のためのメンタリング・シャドウイング研修支援事業について
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

キャリアアップを目指す女性研究者が、研究活動や業務のマネジメントについて学ぶために上位職の教員(メンター)とのメンタリングやジョブシャドウイングを行う自主的な研修を支援します。

対象者:本学に所属する女性の助教・講師・准教授(特任含む)※学内メンターの場合はポスドクも可。
申請期限:2020年12月10日(木)

詳しく知りたい方は、下記ページにあります募集要項をご覧ください。
https://reed.synfoster.hokudai.ac.jp/archives/12100/
 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 3.女性研究者による研究会等開催支援について
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

こちらは、本学の女性研究者が研究会等の開催を通じてリーダースキルを強化すること、共同研究創出機会の増加を目的とし、本学の女性研究者が中心となって企画するシンポジウムや研究会等の実施に必要な経費の一部と、イベント運営に関するツールを支援するものです。

対象者:本学の女性研究者(特任教員・研究員含む)
申請期限:2020年8月31日(月)

詳しく知りたい方は、下記ページにあります募集要項をご覧ください。
https://reed.synfoster.hokudai.ac.jp/archives/12336/
 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 4.復帰支援プログラム:投稿論文の英文校閲費助成について(再掲)
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

産休・育休等により研究中断があった研究者の研究活動を支援するために、学術雑誌投稿論文の英文校閲費用を助成します。なお、支援対象者の性別は問いません。

対象者:本学に所属する研究院(特任教員、研究員含む)で、申請日以前3年以内に産休・育休等により連続して30日間以上の研究中断が終了した者(性別問わず)
申請期限:2021年2月15日(月)までに納品が完了する事

詳しく知りたい方は、下記ページにあります募集要項をご覧ください。
https://reed.synfoster.hokudai.ac.jp/archives/14731/
 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
5.女性研究者研究リーダー育成共同研究助成(KNIT共同研究助成)について(再掲)
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

女性研究者の研究力の向上やリーダースキルの強化、また北海道の研究ネットワークの拡大を目的とし、他の連携機関研究者と優れた共同研究を行う計画(KNIT共同研究)を持つ本学の女性の研究代表者に対して研究費助成を実施します。

助成対象は、
A.研究代表者に対する助成(上限100万円) と
B.共同研究者に対する助成(上限20万円) があります。

申請期限:2020年5月18日(月)正午

詳細については下記ページをご覧いただき、申請書作成に当たりご不明な点がありましたらご相談ください。
https://reed.synfoster.hokudai.ac.jp/archives/12278/
 


メールマガジンバックナンバーはこちら→
https://reed.synfoster.hokudai.ac.jp/category/freshu-info-log/

ダイバーシティ研究環境推進室(Ree-D)
札幌市北区北12条西7丁目 北海道大学中央キャンパス総合研究棟1号館1階
TEL: 011-706-3625
★HP: https://reed.synfoster.hokudai.ac.jp/
★E-mail: reed@synfoster.hokudai.ac.jp
★Facebook: https://www.facebook.com/hokudai.reed