お知らせ

復帰支援プログラム:投稿論文の英文校閲費助成について(締切ました)

Table of Content

本支援は、予算上限に達したため、募集を終了ました。  

女性研究者支援室では、2019 年度に採択された文部科学省「ダイバーシティ研究実現イニシアティブ(牽引型)」の一環として産休・育休等により研究中断のあった研究者の学術雑誌投稿論文の英文校閲費用を一部支援いたします。
 

概要

支援の対象

本学に所属する研究者(特任教員、研究員含む)で、申請日以前3年以内に産休・育休等により連続して30日間以上の研究中断が終了した者(男性含む)

支援内容

申請者自らが第1著者または責任著者として学術雑誌に投稿する論文の英文校閲費用を支援します

支援金額

上限 15万円程度/件

支援件数

5件程度
 
詳細は下記の要項をお読みいただき、所定の申請書を女性研究者支援室(freshu@synfoster.hokudai.ac.jp)宛に提出してください。
 
ご不明な点につきましては、下記までご連絡ください。
人材育成本部女性研究者支援室
mail:freshu@synfoster.hokudai.ac.jp
内線:3625 
 

ダウンロード

要項 (PDF)
申請書 (Word docx)
 

支援の流れ

  1. 申請(見積書添付)
  2. 支援決定
  3. 申請者側で発注
  4. 女性研究者支援室で支払処理