人材育成

復帰支援プログラム:投稿論文の英文校閲費助成

概要

本事業は、産休・育休等により研究中断があった研究者の研究活動を支援するために、学術雑誌投稿論文の英文校閲費用を助成します。なお、支援対象者の性別は問いません。

支援の対象

  • 北海道大学に所属する研究者(特任教員、本学と雇用関係のある研究員・医員、学振PD・RPD・SPDを含む)
  • 申請日以前3年以内に、産休・育休・介護休による30日間以上の連続した研究中断が終了した者

これまでの支援の実施例

年度 投稿学術雑誌名 支援対象者
2019 CARBONに掲載 歯学研究院 医員
2020 PLOS Medicineに投稿 医学研究院 助教
2020 Marine Ecology Progress Seriesに投稿 水産科学研究院 学術研究員
2020 The Journal of Allergy and Clinical Immunology:In Practiceに投稿 大学病院 内科Ⅰ 医員
2020 Applied Animal Behaviour Scienceに投稿予定 文学研究院 准教授

募集について

2021年度募集情報
2021年度 復帰支援プログラム:投稿論文の英文校閲費助成の募集について

 
2020年度 復帰支援プログラム:投稿論文の英文校閲費助成の募集について
2019年度 復帰支援プログラム:投稿論文の英文校閲費助成の募集について